このページの本文へ移動

令和元年度福祉体験学習活動事例集

 

学びあい 育ちあう

令和元年度福祉体験学習活動事例集表紙

 

 令和2年度4月より新しい学習指導要領がスタートし、「社会に開かれた教育課程」として、福祉体験学習には、学校だけでなく地域との連携・協働のあり方が重要であると謳われています。松山市ボランティアセンターでは、福祉体験学習事業を重点事業として、学校(企業)や地域、関係者等と連携・協働を図りながら福祉教育の充実や障がい者や高齢者への理解の促進を図るため取り組んでおりますが、事業の普及・啓発、そしてその取り組みの更なる充実を目指して、事例集を発行しました。
 この事例集では、モデル実践例として八坂小、石井小、清水小3校の先駆的な取り組みを紹介しております。各校の取り組みをご覧になっていただき、実りある福祉体験学習実践のためぜひご活用ください。松山市ボランティアセンターでは様々な社会資源を駆使し地域を基盤にした福祉体験学習のメニューづくりをお手伝いします!

 完成版はこちら(1.13MB)

 


赤い羽根共同募金ロゴ
本サイトは赤い羽根共同募金の配分金によって製作されています。